ロレックス デイトナ 辞典

 TOP > 進化と歴史 サイトマップ
ロレックス デイトナ の進化と歴史
 ・デイトナ 進化
 ・デイトナ 歴史 


ロレックス デイトナ 進化
年代順にモデルと搭載されていたムーブメントを紹介しています。


Ref.6238

Cal.72B
1950年代末〜1960年代初期

ロレックス デイトナ
Ref.6238

搭載ムーブメント Cal.72B
デイトナ以前のロレックスのクロノグラフで通称“プレデイトナ”などと呼ばれています。手巻きデイトナと違いインダイヤルが反転色でないことと、タキメーターがダイヤルにプリントされているのが大きな特徴です。ダイヤル色はブラックとシルバーがありますが、ブラックの方は“限定3600本”などと噂されており、シルバーに比べ市場では滅多にお目にかかることができません。ムーブメンントはバルジュー社製のCal.72を改良したCal.72B。当時バルジュー社製のムーブメントは他社のクロノグラフにも採用されていました。
↓↓

Ref.6239

Cal.722-1
1961年頃〜60年代後半頃

ロレックス デイトナ
 Ref.6239(ステンレスベゼル)
 Ref.6241(プラスチックベゼル)

搭載ムーブメントCal.72B、Cal.722-1
デイトナのファーストモデル。タキメーターを直接ベゼルに刻むことでレーシーなイメージが強調されたばかりが、インダイヤルも反転色になり視認性がアップしました。また、プッシュボタンがスクリューでなく防水性が僅か30Mであったためダイヤルに“OYSTER”の文字がありません。そのため第2世代までのデイトナは“ノンオイスター”と呼ばれています。手巻きデイトナはベゼルの素材でリファレンスが異なっていますが、ベゼル以外の性能等は全て同じです。ムーブメントはRef.6238と同じCal.72Bと、Cal.72Bが改良されたCal.722-1が混在します。
↓↓

Ref.6262

Cal.727
1963年代頃後半〜1970年頃

ロレックス デイトナ
 Ref.6262(ステンレスベゼル)
 Ref.6264(プラスチックベゼル)

搭載ムーブメント Cal.727
第2世代となり、ムーブメントもCal.727が採用され性能がアップしました。ムーブメント自体は約20年間の長きに渡り、手巻きデイトナで採用されていましたが、このモデル自体はノンオイスターであったために短期間で生産中止になりました。ダイヤル色はファーストモデルと同じくブラックとシルバーですが、手巻きデイトナで60〜70年代に製造されていものにはエキゾチック(ポールニューマン)と呼ばれるダイヤルも存在しました。スモールセコンドが通常20-40-60と数字が分かれているのに対し、15-30-45-60と分かれているのが大きな特徴です。当時不人気であったため玉数は極めて少なく、現在では激レアアイテムとして高値で取引されています。
↓↓

Ref.6263

Cal.727
1972年頃〜1988年

ロレックス デイトナ
 Ref.6265(ステンレスベゼル)
 Ref.6263(プラスチックベゼル)

搭載ムーブメント Cal.727
手巻きデイトナの最終型。プッシュボタンがねじ込みスクリューになり、防水性が30Mから50Mへとアップ。デイトナで初めて“OYSTER”の文字がプリントされました。そのため“手巻きオイスター”などと呼ばれています。これらはアンティークロレックスの中で最も人気の高いモデルです。また、手巻きデイトナの生産終了とともに、耐久性の問題からプラスチックベゼル仕様のデイトナも生産中止となりました。ムーブメントは第2世代と同じCal.727。キフウルトラフレックス機構という耐震装置が搭載され、テンプは周辺部に付いたマイクロステラスクリューで遠心力が調整されました。振動数は毎時21600振動と手巻きデイトナのムーブメントで一番高性能です。
↓↓

Ref.16520

Ref.4030
1988年〜2000年

ロレックス デイトナ
Ref.16520

搭載ムーブメント Cal.4030
ゼニス社のクロノグラフ用自動巻きムーブメント、“エルプリメロ”を改良したRef.4030を搭載し、ロレックス初の自動巻きクロノグラフとなりました。振動数は毎時28800とハイビート化。風防はサファイヤクリスタル仕様で傷が付きにくくなり、リューズはトリプロックの採用で防水性が100Mと2倍にアップ、またベゼルもダイヤルも手巻きデイトナとは大きく異なったデザインとなり、リューズガードも装備。中身も見た目もフルモデルチェンジしました。このモデルより素材やダイヤルのバリエーションが増えたことも特徴の一つと言えるでしょう。生産は中止していますが今でも人気が衰えておりません。
↓↓

Ref.116520

Cal.4130
2000年〜現在

ロレックス デイトナ
Ref.116520

搭載ムーブメント Cal.4130
ロレックスの現行デイトナ。デザインで大きな変更はないものの、ロレックス初の自社開発自動巻きクロノグラフムーブメント、Cal.4130を搭載しています。それによりパワーリザーブが52時間から72時間へと大幅にアップ、ハック機能も搭載。また、スモールセコンドと12時間積算計の位置が入れ替わっています。前モデルRef.16520と同様に素材やダイヤルのバリエーションが豊富ですが、隕石をダイヤルに仕様したメテオライト、ダイヤルがレーシングカーを連想させるオール18Kホワイトーゴールドの通称“ルーレット”など今までにないモデルがラインナップされているのも特徴です。また、資産価値が高く、ステンレスモデルは年々上昇傾向にあります。

ロレックス デイトナ history
1959年にデイトナというモデル名が誕生しました。名前は24時間耐久のカーレースで有名な、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイから付けられたと言われています。やがて1960年代になり、デイトナは市場に流通し始めます。1961年にはデイトナファーストモデルとも言われているRef.6239が登場します。ベゼルにタキメータを直接刻み、レーシングイメージが強いモデルとして発表され、それ以前のクロノグラフに比べると視認性も飛躍的にアップしました。1960年代後半になると、ムーブメントCal.727を搭載したRef.6262が登場します。このモデルはリューズがノンスクリューの為、文字盤にオイスターの記載がなく、防水性能は生活防水の30mと日常使いには少し不向きな時計だったようです。このモデル以外にも、手巻きノンオイスターには様々なリファレンスナンバーの時計が存在します。デイトナ初期のプラスチックベゼルである、Ref.6241、そして名機Cal.722を搭載したRef.6264などが存在します。
1970年代に入ると、今でも非常に人気の高いRef.6265が登場します。今までのモデルと大きな変更がある箇所は、プッシュボタンにねじ込み式のスクリューダウンが採用され、50m防水を実現したということです。このことにより、文字盤に初めてOYSTERの文字が記載され、より実用時計の高いモデルとなったのです。手巻きオイスターで一番人気があるモデルと言えば、ベゼルがプラスチック製のRef.6263です。文字盤色はRef.6265同様にブラックとシルバーが存在し、その中でも非常にレアとされているエキゾチックダイヤルも存在します。エキゾチックダイヤルを搭載しているモデルは、ポールニューマンモデルとも呼ばれ、スモールセコンドの表示が通常の20-40-60ではなく、15-30-45-60と記載されています。現在では、超高額で取引されているプレミアモデルですが、発売当時の人気は殆どなく数が非常に少ないモデルでもあります。これらの手巻きデイトナは1980年代後半まで製造され、1988年に自動巻きムーブメント搭載したRef.16520が登場します。
このモデルのムーブメントは、ゼニス社製のエル・プリメロをリファインしたCal.4030で、非常に高性能なムーブメントと言える1つです。またさらなる改良点もあり、風防がサファイヤクリスタルになったことや、トリプロックリューズなどの採用で、防水性も今までの倍の100mとなったのです。やがてRef.16520は2000年のミレニアムと共に生産が終了となりました。今でも最終品番とされているP品番は、年代が新しいためデッドストックで残っていることもあり、非常に高額なプレミア価格が付けられています。
Ref.16520の生産が終了して現在も生産されているのが、Ref.116520です。このモデルから、ロレックス念願の自社製ムーブメントCal.4130が搭載されています。このムーブメントにより、ハック機能が追加されパワーリザーブ機能も大幅に向上しました。見た目も高級感が増し、今やロレックスの中で、一番人気モデルへと言っても過言ではないでしょう。


その他の辞典
▼スポーツ
ロレックス エクスプローラ I
ロレックス エクスプローラ II
ロレックス サブマリーナ
ロレックス シードゥエラー
ロレックス ヨットマスター
ロレックス GMTマスター

▼スタンダードモデル
ロレックス デイトジャスト
ロレックス エアキング
ロレックス デイデイト


▼お薦め時計店
ロレックス専門店クォーク

▼お薦め個人サイト
ロレックスの賢い買い方

▼その他のお薦めサイト
ロレックス オフィシャルサイト
ウォッチファンドットコム
ロレックス修理専門会社
クラウンマイスターズ

ロレックス買取センター